2010年02月02日

<訃報>夏夕介さん59歳=俳優(毎日新聞)

 夏夕介さん59歳(なつ・ゆうすけ<本名・田浦久幸=たうら・ひさゆき>俳優)27日、胃がんのため死去。葬儀は31日午前11時、東京都国分寺市並木町2の33の13の鳳林院。喪主は妻めぐみさん。

 1969年、グループサウンズ「オックス」のキーボード奏者としてデビュー。その後、俳優に転じた。「純愛山河 愛と誠」「特捜最前線」などのテレビドラマのほか、映画や舞台でも幅広く活躍した。娘は宝塚歌劇団の愛花ちさきさん。

収支一覧を小沢氏に報告、池田元秘書が供述(読売新聞)
がら〜ん 関空にゴーストカウンター 減便響き閉鎖相次ぐ(産経新聞)
朝青龍「残念な行動」=相撲協会に報告求める−文科相(時事通信)
<人工歯根>豊橋市保健所に問い合わせ殺到 使い回し疑惑で(毎日新聞)
<不正アクセス>前の会社のデータ改ざん 容疑で男を逮捕(毎日新聞)
posted by ムトウ ヒデユキ at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わいせつ殺人、起訴内容認める=裁判員裁判で43歳男−静岡地裁支部(時事通信)

 静岡県沼津市で2004年に女性にわいせつ行為をした上、殺害したとして、殺人罪などに問われた建設作業員松井健一被告(43)の裁判員裁判が1日、静岡地裁沼津支部(片山隆夫裁判長)で始まり、松井被告は起訴内容を認めた。
 冒頭陳述で、検察側は「動機は自己中心的。自己の性欲を満たすために強制わいせつをし、犯行を隠し、罪を免れるために殺害した」と指摘。弁護側は「無計画、突発的な犯行で、被告の生い立ちが影響している」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
長男殺害、両親に実刑=裁判員「知的障害に支援必要」
介護疲れ夫刺殺、妻に実刑=裁判員「もっと国支援を」
妻殺害の男に懲役11年=裁判員「若い人も積極参加を」
強姦致傷で懲役9年=一部否認の裁判員裁判

加藤被告「間違いありません」=弁護側、責任能力争う方針−秋葉原無差別殺傷(時事通信)
【施政方針演説】全文(3)人のいのちを守るために「いのちを守る予算…」(産経新聞)
名護市長選 移設反対派が勝利 5月決着また先送りか 首相の責任問題にも(産経新聞)
ブルトレ「北陸」とボンネット「能登」 ラストラン間近(産経新聞)
加藤被告「弁護士に任せている」=秋葉原殺傷、28日に初公判(時事通信)
posted by ムトウ ヒデユキ at 05:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。