2010年02月06日

免許手放し、半年間で27人=認知機能検査きっかけ−警察庁(時事通信)

 認知症が疑われる高齢ドライバーを抽出するため昨年6月に始まった認知機能検査(講習予備検査)をきっかけとして、取り消しや返納、失効で運転免許を手放すことになった人は11月までの半年間に計27人に上ったことが4日、警察庁のまとめで分かった。
 検査は75歳以上の免許更新者が対象で、半年間に23万7823人が自動車教習所で受検。5770人が第1分類の「記憶力、判断力が低くなっている」と判定された。 

【関連ニュース】
80歳、認知症の妻殺害=「一緒に暮らしたい」施設退去し
裁判員裁判、実刑8割弱=親族間殺人で刑猶予も-09年、142人に判決
殺人罪で初の執行猶予=裁判員判決、心神耗弱認定
エーザイ、ゼリー状薬剤を新発売=主力の認知症薬で
「パロ」、米に癒やしお届け=アザラシロボ販売へ

和辻哲郎文化賞に今橋、互の2氏(時事通信)
<充電器商法>7万円の装置を50万円で販売 逮捕の経営者(毎日新聞)
鳥取沖の実習船衝突 原因は「張り不備と飲酒」 運輸安全委員会が調査報告書(産経新聞)
有罪判決から65年 「長かった」 「実質無罪」に喜ぶ遺族ら 横浜事件(産経新聞)
ボルト付け忘れが原因=新幹線3時間停電−JR東海(時事通信)
posted by ムトウ ヒデユキ at 18:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝青龍の聴取検討=経緯確認のため双方から−飲酒暴行問題で警視庁(時事通信)

 大相撲の横綱朝青龍が酒に酔って飲食店関係者の男性を殴り、けがを負わせた問題で、警視庁麻布署が朝青龍から任意での事情聴取を検討していることが31日、捜査関係者への取材で分かった。
 男性とは示談が成立し、被害届も出されていないが、現役の横綱が一般人にけがを負わせた事実の重要性から、経緯の確認のため双方から事情を聴く必要があるか慎重に検討しているとみられる。
 捜査関係者によると、朝青龍は1月16日未明、東京都港区の飲食店で酒に酔い、知人で同店関係者の30代男性とトラブルになり暴行、顔にけがを負わせた。男性は近くで交通事故処理をしていた同署員に助けを求め、同署でけがの具合やトラブルの経緯などを説明した。 

センバツ出場・花咲徳栄ショック!卒業生がグラブ盗んで逮捕(スポーツ報知)
大久保秘書、関与ほのめかす供述=石川議員の報告了承か−04年分の虚偽記載(時事通信)
<覚せい剤>末端価格1.5億円 所持の容疑者逮捕(毎日新聞)
「鬼は大阪市長」 橋下知事、豆まきで宣戦布告(産経新聞)
産廃事務所に発砲? 窓ガラスに3カ所の穴 茨城・境町(産経新聞)
posted by ムトウ ヒデユキ at 09:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。